「ふるさとあるある」投稿求ム。

「疑問形のとき、語尾が〇〇になる」
「よその地域で『えっ、〇〇食べるの!?』って驚かれた」
「毎年お正月に親戚が集まってすることといえば、〇〇だよね」

ふるさとは、思い出すから、そこにある。
みんなでつくる「U5H」では、あなたのあるあるエピソードを大募集!
地元の人だからこそ知っていること、ぜひ聞かせてください。

投稿されたエピソードは、「お名前(※ニックネームも可)」「5国名」とともに、このウェブサイトに掲載させていただくこともあります。
また、一部は、マンガにさせていただきます。マンガネタに採用された方には、記念ステッカー(非売品)を送らせていただきます

あなたの「ふるさとあるある」投稿、お待ちしています!

エピソードを投稿する

CAPTCHA


メールアドレスは公開はされません 個人情報の取扱について

これまでに投稿されたエピソード

丹波 ただ今、入院中さん

故郷を離れ、初めてちゃんとした栗を食べた。それまでは、虫喰いの栗しか食べたことがなく、良い栗は、出荷していた。それから丹波栗でない市販の栗が小さいのにも驚いた。

3+
丹波 けんさん

家族または知り合いの誰かは必ずABCマラソンに参加している。
そしてその人を探すためにABCマラソンの特番を確認する。

2+
但馬 いるみんさん

養父市が主催している「やぶ医者大賞」。2019年で6回目を迎えるが、過去、この賞の受賞を辞退した医者は一人もいない。
「やぶ医者」の語源の一つが「養父の名医」であることから、この賞を受賞するのは、地域医療の発展に尽力された医者だから。

3+
淡路 まさん

西宮に出て来て、一番皆の顔に「?」がでたのは「今日行ける?」って聞かれて「いけらん!」って答えたときと「ちょっといんでくるわ。ほんで確認して連絡するな?」と行ったときでした。「できらん」は通じるけど「いけらん」とか「たべらん」とかは通じらんねんなぁと思いました。

3+
播磨 デネブさん

播磨と言っても右の方なので都合よくあるあるを変える

7+
播磨 夏帰省中さん

明石市の出身なのですが、ついつい【神戸なんですー】と関東人に説明し、神戸出身の嫁に【一緒にすんな】と突っ込まれる。

8+
播磨 夏帰省中さん

いかなごのくぎに

をローカル食材と知らず、関東人との何気ない会話のなかで話したら

イナゴの煮物

と思われる。

7+
但馬 床さん

夏に豊岡方面へ向かう車を見かけると夏だなぁ(海)と思うし、冬に香美町方面へ向かう車を見かけると冬だなぁ(カニとスキー)と思います。

11+
神戸・阪神 cbeansさん

はばタンやわるタンを見かけるとテンションがあがる。

7+
神戸・阪神 cbeansさん

のびのびパスポートやココロンカードは大人になって自分の意思で行動できる範囲が広がった今こそ使いたい。

12+
1 3 4 5 6 7 116