ないないあるあるエピソードを投稿する

何が始まるの?ー「なくなったものあるある」(通称:ないないあるある)

それは、1本の動画から始まりました。
広報戦略課での会議後、誰かがふと「ウェザーリポートって知ってる?」と言いました。
気象関係の会社かなと検索すると、「1986年神戸」という動画がヒットします。再生すると、そこに映し出されたのは、芦屋のあたりから垂水のあたりにかけて走る車の助手席から見える車窓の風景でした。おそらく一般の方が8ミリか何かで撮影したのでしょう。

それは神戸に2009年から住んでいる私には、初めて見る光景でした。当時但馬に住んでいた同僚にも、当時生まれていなかった同僚にも。やがて車は須磨の海沿いを西に、2号線を走ります。一瞬、西海岸風の白っぽい建物と駐車場が現れ、サンセットっぽい大きな看板に「WEATHER REPORT」という文字が見えました。通りすがった50代前半の同僚が「あ、ウェザーリポート。奥さんと行ってましたよ。ここに停まってる車、僕のちゃうんかな?」と笑います。

「ウェザーリポート」という飲食店が、当時の若者にとってどれくらい憧れの場所だったのか。どう神戸でデートしたのか。みんなが語りだします。それは、そのお店をまったく知らない私にも、現在垂水に住んでいる但馬出身の同僚にも、当時生まれていなかったけれど実は垂水出身の同僚にも、とてもおもしろい話でした。その日からずっと、2号線を通るたび「あ、ここにウェザーリポートがあったのね」と思い、見たことないはずの当時の若者たちが緊張しながらデートしていた息吹ようなものを想像しては、勝手に嬉しくなっています。


兵庫県では1995年に、阪神・淡路大震災が起こりました。あまりにも大きな力に、たくさんのものや場所が、この震災をきっかけになくなっています。他にも、時代の流れや、個人の営みのなかで、ものや場所は、変わり続けていきます。

だけれども、思い出は、変わりません。その場所が与えてくれた喜びは、たくさんのひとの胸の中にあります。「ふるさと」は、私たちそれぞれの、小さくて具体的なエピソードの集まり。だとしたら、そのような思い出が集まり、次の世代へと受け継ぐ場をつくるのは、兵庫県という「みんなのふるさと」の役割ではないか。そう、私たちは考えました。


これは、なくなったものや場所を、みんなの記憶で伝えていくプロジェクトです。この先、わたしたちにいろんなことがあっても、ずっと。

兵庫県広報官 湯川カナ

なくなったもの 一覧

なくなったものあるある、新着エピソード

明石玉
たろからさん

珊瑚の代用品として重宝された、かつての明石の名産品。
これの生産に大量に卵白を使うので、余った黄身を明石玉を作る穴ぼこの鉄板で焼いたのが「玉子焼き」の始まりで、その後「たこ焼き」になったそうです。
明石玉の福産品だから、玉「子」焼き、なんだとか。

0
続きを読む
『コロンビア学院』
山本直也さん

うちの高校の先生が、「佐藤」という偽名でバイトしていたような…。

0
続きを読む
おばさんの店
山本直也さん

サトーブラザースの隣には、「おばさんの店」というのがあった

0
続きを読む

舞鶴自動車道沿いに有った大きなプールでした。
流れるプールや造波プール等が有ったと思います。
結構穴場だったのか、結構空いていたので、良く行きました。
少し前までは廃墟化したプールが寂しそうに残っていましたが、今はどうなっているのでしょうか。

0
続きを読む

そのすぐ近くに有ったセンター街のJUNやVANも懐かしいですね。丸刈りのくせにJUNの学生服を母にねだって買ってもらったなー(笑)

0
続きを読む

幼い頃、花電車を終点の石屋川まで、父の車(確かキャロルだったかな)で追走してもらったのを懐かしく想います。
すべての沿道には沢山の人達が見物に並び、和やかで賑やかな夜の風景でした。

0
続きを読む
神戸市電と花電車
やっくんさん

小学生の頃、花電車の絵を描いて入選し大丸かそごうに展示してもらったことがあります。
賞品にもらった市電運転士さんの制服の襟章と市電の絵葉書は今でも私の大切な宝物です。

0
続きを読む
神戸市民球場
福井生まれの神戸人さん

ありましたね~
球場横の50mプール。
学生時代、水泳部だったもんで、試合で何度も行きましたよ。
飛び込み用のプールがアップ用に解放されてて、自分の出番終わったら、底まで潜って遊んでたような・・・(苦笑)

0
続きを読む

現在の生田警察署の場所は、昔神戸YMCAが有って、仮設の25m位のプールも有り、良く行きました。YMCAが加納町に移転し、しばらく更地の時期が有りましたが、ここで木下大サーカスが開催され、とても賑い、自宅の近所でしたのでとでも楽しかったです。

1+
続きを読む
青谷コテージ
runaさん

バブル期、青谷の細い路地を上った右手にとても静かで洒落た喫茶店が有り、良く愛車で行ったものです。
丁度ウェザーリポート等のデートスポットが沢山有った頃の青春時代の隠れ家でした。今はすぐ南に労災病院が立っている為、綺麗な海の景色は見えないでしょうね。

2+
続きを読む