県公式・兵庫五国連邦プロジェクト

県公式・兵庫五国連邦プロジェクト
あなたの「ふるさとあるある」投稿求ム。 「なくなったものあるある」投稿求ム。

U5H 短歌 選者 坂口涼太郎・谷じゃこ

募集は終了しました。たくさんの応募ありがとうございました。

1300年以上も前から
多くの人に詠まれてきた短歌。
現代でもSNSや雑誌などで注目されています。
そこで、U5Hでも短歌を大募集。
ふと感じたこと、驚いたことなど
五国にまつわる短歌を聞かせてください。
俳優の坂口涼太郎さん、
歌人の谷じゃこさんを選者に迎え、
素敵な賞品もご用意しました。
お二人が詠んだ短歌の
“本歌取り”も可能ですので、
皆さまの投稿をお待ちしております!

応募条件

  • 五国をイメージさせる言葉
    入れてください。
  • 選者が詠んだ短歌の
    本歌取りも可

    本歌取りの場合は、投稿の際に本歌をお選びください。
募集期間
2023年 10月2日~ 11月30日
結果発表
2024年 1月中旬予定
特設ページ、U5H公式SNS、兵庫県広報広聴課公式X(旧Twitter)などで結果を発表いたします。
賞品

選者2名のサイン入りU5Hオリジナルトートバッグと短歌入りクリアファイル

グランプリ/
選者2名のサイン入りU5Hオリジナルトートバッグと短歌入りクリアファイル
1名様

選者2名のサイン入りU5Hオリジナルトートバッグと短歌入りステッカー

準グランプリ/
選者2名のサイン入りU5Hオリジナルトートバッグと短歌入りステッカー
2名様

選者賞/
選者1名のサイン入りU5Hオリジナルトートバッグ 各1名様

※賞品はイメージです。また、予告なく変更となる場合がございます。

選者

坂口涼太郎さん

坂口涼太郎さん

1990年 兵庫県神戸市出身。俳優、ダンサー、シンガーソングライターとマルチに活躍。自身のSNSで#涼短歌をつけて投稿される短歌も人気を集めている。

玉子焼きが
卵焼きほど
普通なら
きっと世界は
ひだまりやのに

花粉かな
目を赤くして
見送ってくれた
学園都市の親友

谷じゃこさん

谷じゃこさん

1983年大阪生まれ、大阪在住。短歌のzineを作るなどフリーで活動。WEBマガジン「カリグラシマガジンうちまちだんち」で一枚の写真から短歌をつづる企画をおこなっている。

皿そばで
埋め尽くされた
テーブルの隅で
蕎麦湯の味を
知った日

おばあちゃんの
家より奥に
家はなく
可愛くはない
鹿がいるだけ

温泉につかる
わたしも
あなたにも
おなかの中は
カニがぎっしり

右手に山、
左手に海、
車窓から両手に
花の景色が
見えて

おはようの
代わりに前を
向いてみる
甲山今日も
まんまるでした

いつか行く
いつか必ず
食べることだけは
決まっている
坊勢鯖

みんなの短歌

城崎で
思いを伝える
ひとことに
照れて答えた
ピースサイン

[筆名]今は2人でピースサイン

言いすぎたな
ビール片手に
お箸でつまむ
相談相手は
イカナゴの釘煮

[筆名]サラリーマン三流

わすれない
大切なひと
BE KOBE
映えスポットに
こめられた想い

[筆名]きくぞう

花さじき
初めて行くよ!
と言ったけど
ほんとは2回目
内緒だよ

[筆名]1回目は元カレと

3年の
努力も行けず
甲子園、
いまや月2で
居酒屋感覚

[筆名]/社会人で4番

目に染みる
カップルばかりの
タマネギに
いつか私も
近づいてやる

[筆名]写真撮ってもらっていいですか

みんなの短歌

子午線の
まちで瞬く
冬星の
神も目を剥く
隣人のアレ

[筆名]チツモ

見渡せば
平野に、
牡蠣筏
梅と潮の香
深呼吸

[筆名]はり砂

みなとまち
画家が愛した
百景へ
出かけてみよう
君と一緒に

[筆名]福島 始

隣ん家
茶色いタオルが
干してある
もうすぐ来るか
炭酸せんべい

[筆名]山本里枝

黙浴の
張り紙ありて
鴻の湯の
湯船で小さく
鼻歌歌う

[筆名]秋山敦盛

夏は青
秋は黄金(こがね)の
波うねる
山田錦の
美しきかな

[筆名]あおっきー

額縁の
中に真紅の
ドウダンツツジ
君の横顔
影絵のように

[筆名]ぽんつる

の陽
薫るスパイス
おみやげに
今でもずっと
笑いあえるね

[筆名]♫Dance’emとらのこ♫

霧がかる
白いうみくも
まざりあう
曖昧さのなか
歩む朝の子

[筆名]結う

たっぷりの
花束心に
ほしい日は
ミュージアムロードで
アートとスキップ

[筆名]あみだの女王

徹夜明け
テストの後の
草むしり
世界遺産の

[筆名]姫路と佐用のハーフ

コンクリの
森に佇む
青りんご
スピカの光を
放ち続けて

[筆名]美希

廃線を
歩けば眼下の
渓流に
あの日の汽車の
窓ふと過り

[筆名]太郎からす

「誰か紹介して」と頼まれ
連れて行く
昭和レトロな
須磨浦遊園

[筆名]宝塚夢子

業平も
源氏も来る
須磨の浦
明石大門に
陽は沈みたり

[筆名]松本 文雄

叶うなら
あの日の須磨へ
ガラス越し
揺らめく水と
君の横顔

[筆名]コキャ

トンネルを
抜けるとそこは
雪国で
チェーン装着
凍えて箕谷

[筆名]太郎からす

生野越え
弁当忘れても
傘忘れるな

[筆名]播磨 惺窩

この景色
見たくて乗り継ぐ
在来線
須磨海岸の
海の煌めき

[筆名]かすみそう

餌ねだる
水族園の
海亀よ
瞳の奥に
龍宮を見た

[筆名]絢里 絢李

君がいう
シャネルまがいの
暮夜灯り
市章山へと
越える言の葉

[筆名]啓蟄

週末の
大橋眺め
旅気分
北へ南へ
ブレーキランプ

[筆名]あじゃむ丸

白鷺の
羽を広げて
碧空に
つんざき抜ける
城に文句なし

[筆名]寺島すみえ

出身は
なんです
我こそは
播州うまれ
播州そだち

[筆名]めぐみんぬ

ぎっしりと
大きく雅
大納言
小豆ぜんざい
まんぷくでおじゃる

E

[筆名]丹波パグ太郎

眼下より
思いを馳せる
大海原
平和を祈る
若人の塔

[筆名]播磨 惺窩

牡蠣求め
はやる気持ちを
冬風に
冷ましてゆっくり
室津への路

[筆名]紺野トリヲ

かつめしを
B級グルメと
言うなかれ
病みつきになる
デミグラスソース

[筆名]松浦 伸

南北の
まごうことなき
羅針盤
海に抱かれ
山に守られ

[筆名]マーチン

髪型を
褒められた日は
なる
空港からの
夕日美し

[筆名]朝


桜の花びら
頬に落ち
微笑む君に
白き恋情

[筆名]恋人の住む街

わすれない
成人式の
きみの笑顔
神戸へもどる
その後ろ姿

[筆名]はたちのままの美しい人

涼しげな
音色に魅せられ

やっと手にした
明珍火箸

[筆名]日日 好日

サヤから飛び出る
黒い顔
畑焼けした僕の
ビールのお共

[筆名]絶妙な塩加減で

城崎で
カニをたらふく
食べた夜は
主の顔まで
蟹に見えたり

E

[筆名]葉月かな

人生で
初めて降りる
舞子駅
大橋見上げ
君が待ってた

[筆名]AnonA

新品の
きみが着ている
シャツの色
竹野の海の
青に似ている

[筆名]桜すず

親友が
送ってくれた
夜景写真
ハーバーランド
もうクリスマス

[筆名]パン大好き

出身は
です
初任地は
第二のふるさと
懐かし

[筆名]あおっきー

麗しき
須磨の浦にて
吾(あ)を熱く
迎えくれたる
愛しき友よ

[筆名]海神 瑠珂(わだつみ るか)

値上げして
家庭の一品(ひとしな)
姿消す
やみつきになる
いかなごのくぎ煮

[筆名]TOMOAH

香港の
田舎から来し
三人に
雪の城崎
へ誘う

[筆名]今井登美子

甲山
初雪まだかと
薪をくべ
今か今かと
待ちおりしかな


G

[筆名]野崎眞奈美

君が住む
街から届く
消印は
「加古川」今年も
春告げており

[筆名]谷川 香

いつか行く
棋友と共に
決めている
「鰻・将棋屋」
一局指そう

H

[筆名]谷川 香

神戸牛
支える母牛
田んぼ鋤く
おわれて見たのは
いつの日か

[筆名]ムロのシミズ

三十年
くすぶり続けて
働いた
ここは城崎
湯けむりの街

[筆名]松本俊彦

今は死語?
武庫の山並み
茅渟の海
覚えられたは
校歌のおかげ


[筆名]石波 香奈

篠山と
は別や
言うとんねん
ぬるい水で
顔洗う夏

[筆名]ねこ

御座候
アカかシロかで
恋占い
次はいけるか
アカが出たから

[筆名]今回もダメでした

鬼太郎の
生まれた街を
見下ろして
一反木綿は
ふりふらひらり

[筆名]太郎からす

凛とした
その佇まい
花のみち
菫のような
人になりたい

[筆名]かも

えきそばの
椀に映りし
割り箸や
白鷺城への
一本道

[筆名]絢里 絢李

そこかしこ
掛け声飛んで
魚の棚
蛸さえ立って
走って逃げる

[筆名]太郎からす

足ふたつ
無い松葉蟹を
買う俺も
世間的には
訳ありだろう

[筆名]田中 佳

行かずとも
分かる結果は
午後10時
黄色のウェーブ
かける車内

[筆名]happy50

近代化
牽引をした
馬車道は
生野の銀を
の海へ

[筆名]糸蜻蛉

豚まんの
首脳会議が
あるという
南京町で
霜月のころ

[筆名]みえ

竹田城
祉桜良ければ
雲海も
登ってみたい
天空の郷

[筆名]福島 始

将棋の町
加古川駅に
ある盤面
詰め将棋に暮れ
時を忘れる

[筆名]松浦 伸

地震(じぶり)にも
耐えて明石海峡大橋よ
世界ニ位と
なりてしまえど

[筆名]橋原みちこ

港湾に
どでかい倉庫
どどんとな
港神戸の
ど迫力かな

[筆名]ワタナベゆうこ

晴れのまち
明石に住む吾を
先輩は
「この子ののんびり
瀬戸内気候」

[筆名]たこママ

南へと
進む足取り
止むこと無し
北へ進めば
足取り重し

[筆名]TOMOAH

誇らしい
気持ちで眺める

威風堂々たる
姿よTOWA(永遠)に

[筆名]鈴香

赤マルで
白まる姫に
星三つ
円安旗に
他国出迎え

E

[筆名]長谷川誠晏(セイアン)

イナイチや
イナロクと呼ぶ
国道に
肩を並べる
産業道路

[筆名]県道13号

突然の
来客ありて
みやげなし
急いで畑へ
岩津ねぎ掘る

[筆名]戸田 智恵子

千種川、
市川、加古川、
揖保川の
河口でブギウギ
瀬戸の小魚

[筆名]寺島すみえ

武庫川の
女子大生に
混じりつつ
君が勧めし
洋食屋に並ぶ

[筆名]谷川 香

さくら、月
夕日 、青空、
もみじ、雪
映えぬもの無し
白鷺の城

[筆名]蒼井るり

うずしおの
大洗濯機で
いらんもん
全部流して
あ〜すっきり‼︎

[筆名]人生折り返し地点を好走中

文芸の
盛んな兵庫に
感謝せん
県外からの
投句も受理す

[筆名]海神 瑠珂(わだつみ るか)

文芸の街
尼崎
行きたいな
表彰式に
「欠」と書いたけど

[筆名]ぱせり

宮水は
「西宮の水」
略してる
その日のうちに
10回教えた

[筆名]しのみー

おもたせの
今川焼き食べ
温めたし
新茶うまいけど
それ御座候や

[筆名]ムロのシミズ

丸き鳥
赤青黄色
フェニックス
兵庫の代表
はばたんという

[筆名]パン大好き

教育の
礎築く
師がおりし
兵庫の中央
豊岡の里

[筆名]やまやま

ヨーイヤサ
やっさ漂う
紙垂(しで)の海
太鼓の響き
波かぶる如(ごと)

[筆名]やっさ嘉久造

江戸っ子を
駅で待たせて
ビビられる
浜ちゃん育った
尼崎の街

[筆名]ムロのシミズ


記紀にも紹介
された味
時空を超えて
広く知られる

[筆名]破れ蓮

給食で
いつも食べてた
ぼたん汁
宍粟のジビエは
あたたかい味

[筆名]藤影フジ

聴きながら
まどろむ幸せ
あきらめて
最前列の
演奏会は

[筆名]平岡真由美

牛、カニや
猪(シシ)まで歩む
銀の道
行く手に待ってる
水仙の花

[筆名]森田 公一

栗大豆
黒豆スイカ
山の芋
育ての親は
の風土

[筆名]茶筅頭

やっさ舁(か)く
まわし姿に
惚れたけど
祭り過ぎたら
ただのオッサン

[筆名]やっさ嘉久造

冬はカニ
春はくぎ煮の
香り立つ
夏はレジャーで
秋祭り

[筆名]バニー兵庫

日の本が
近代国家へ
駆け抜けた
軌跡なりしや
銀の馬車道

[筆名]松本 文雄

誕生日
入園入学
七五三
笑顔のぼくと
ファミちゃんリアちゃん

[筆名]もがーる

海岸列車
読んできてみた
鎧駅
後悔ないけど
どうするの80分

[筆名]ムロのシミズ

中継で
夕立映る
甲子園
そろそろこっちも
降るんとちゃうか?

[筆名]げんまま

両の手に
大橋握って
浮かんでる
の空気は
とても美味しい

[筆名]山田恵子

山颪
木々と街とを
通り抜け
キラキラ光る
海へと届く

[筆名]ぴゅあり

旅先で
どこから来たのと
聞かれたら
つい大阪からと
言ってしまう

[筆名]兵庫県は広すぎ

まだ残る
夏を探しに
来たけれど
揺れていたのは
濃い海の色

[筆名]平岡真由美

宝塚
乙女欠かせぬ
炭酸と
赫(あか)きダリアと
バレエの稽古

[筆名]松嶋豊弐

月見山
阪神高速
ジャンクション
カーラジオより
流れる魅惑

[筆名]紅まどんな

えきそばと
お出汁たこ焼き
御座候
帰省時満喫
粉もんグルメ

[筆名]かすみそう

ベランダに
降りて眺める
有馬富士
かかる濃霧が
寒さを告げる

[筆名]兵庫LOVER

ため池に
降り立つ白は
こうのとり
小魚つばみ
また旅に出る

[筆名]松尾優志

今川や
回転、大判
あるけれど
やっぱり君の
名は御座候!

[筆名]200の名を持つ菓子(播磨の丸めがね)

大切な
ひとが生まれ
育った街
岡山県だと
思ってたあの頃

[筆名]地理の勉強中

加古川に
青き流れの
戦(いくさ)あり
若き光彩
まさに集えり

[筆名]谷川 香

朝霧が
きっとおいしく
してくれる
篠山
黒枝豆

[筆名]ささやまあきこ

駅降りて
山の冷たい
風感じ
見上げる空に
満天の星

[筆名]朝原 令

「久しぶり」
パイ山前で
笑う友の
マスクの下に
面影をみる

[筆名]カフェテラス大御神

世界への
出入口なる
港から
街に異国の
種が溢れる

[筆名]貴田雄介

電車乗り
塩屋と須磨の
間には
海とひとつに
なるひとときが

[筆名]岬次朗

甲山
夕焼け背負って
下り坂
駆け降りて行く
影法師たち

[筆名]はる

天空の
城が浮かんだ
雲の上
浮いた話は
私にはない

[筆名]江戸川散歩

下り酒
肴にカニ、シシ、
牛までも
旨しが集う
五国の宴

[筆名]森田 公一

揖保乃糸
孫の笑顔で
思い出す
母を送りし
あの暑き夏

[筆名]松本明彦

ワンランク
落として捌く
魚の棚
旬な彩り
B級グルメ

A

[筆名]長谷川誠晏(セイアン)

曼殊沙華米を
見張って包囲する
空から天敵
守るがごとく

[筆名]苑居祐

ばいばいの
腕にてすこし
傾ける
帰省のおわりの
おかめ弁当

[筆名]ネコノカナエ

海と山
神戸を彩る
2つの夜景
今日はなんだか
心に染み入る

[筆名]そして神戸

あんまよく
知らんねんけど、
神戸ではアホのこと
ダボって言うらしい

[筆名]AnonA

海と山の
風がそよぐよ
三宮で
高速バスを
トンと降りたら

[筆名]山田恵子

故郷に
帰って来たなと
思わざる
駅そばの味と
播州弁と

[筆名]佐竹草流

鉄塔の
美女が見守る
神戸港
船の灯りに
君の顔

[筆名]風灯里

ポスターの
五国を五色で
塗り分ける
虹みたいだね
どこから行こうね

[筆名]えんがわ

耳澄ませ
十五夜の夜
音楽会
灯りを消して
息をひそめば

[筆名]苑居祐

子が離れ
ふたりのじかん
平海岸へ
海水浴に

C

[筆名]ともんが

冬過ぎて
水も流るる
松ぼくり
苦楽をこえて
ここに根を張る

[筆名]寿美香

満ち引きの
織り成す縞に
恋心
込めてあなたを
待つ新舞子

[筆名]愛 植夫

路地ゆけば
換気扇から
流れくる
甘辛い風
釘煮の春よ

[筆名]ワタナベゆうこ

外視れば
雪舞い上がる
日本海
豪雪地帯と
誇れよ


[筆名]大渕 航

黒豆を
買って来たから
問うことを
止めよう夫の
謎の一泊

[筆名]木内美由紀

懐かしき
母校の校歌
口ずさむ
歌詞の頭は
六甲おろし

[筆名]永冨 真一

山電の
シートふかふか
夢の中
気のせい?君の
瞳も揺れてる

[筆名]AnonA

ほくほくと
炊きあがったよ
栗ご飯
の寒い
夜のぬくもり

[筆名]宝塚夢子

雲のない
晴れの日なんて
超レアよ
仕事休んで
竹野の海行こ

[筆名]すえきち

武庫の川
駅伝・野球
駆け巡り
落日に揺る
コスモスの花

[筆名]松下 ごろう

花粉かな
目を赤くして
我旅立つ
城の
白を背負って

B

[筆名]桜小町

香住の蟹
たらふく食べに
母二人
息子二人の
老老漫遊

[筆名]延邨佳直

春しらす
夏は鱧だね
秋は鯛
冬はとらふぐ
おお

[筆名]宝塚夢子

まちとやま
こんなに近いの
ありがたい
秋晴れ摩耶山
癒しの休日

[筆名]yamasuki702

灘の酒が
宇宙一やと
ゆうたなら
ひ孫の代まで
酔わせてくれよ

[筆名]しのみー

寒空に
ひとりぼっちの
ポートタワー
辛い涙も
キラキラにして

[筆名]ハル

そこかしこ
掛け声飛び交ひ
魚の棚
蛸さえ立って
走って逃げる

[筆名]太郎からす

頼まれて
鍋島段通
送ったね
赤穂の会館
お元気ですか

[筆名]ぱせり

ハロウィンの
太陽公園
いと怖し
初めて聞いた
彼の絶叫

[筆名]TOMOAH


戦下現在
共存し
生きる証を
継続中

[筆名]なかやすまさみ

海のアホ!
心で叫ぶ
芦屋浜
砂二粒を
埋立地へ投げる


[筆名]高嶋藍

まだ踏めず、
君の住むまち
宝塚
住所はとうに
暗記したのに

[筆名]鈴鹿 茉莉

城崎の
外湯めぐりし
湯籠手に
川のほとりで
君待つ時間

E

[筆名]ぱんだや

三宮
一貫楼の
行列に
惜しまず並ぶ
冬昼下がり

[筆名]こもりあやみ

日の本の
経緯交わる
へそにある
柄鮮やかな

[筆名]しゅらく

難波から
阪急一本
西宮
あっという間に
素敵な街へ

[筆名]鈴鹿 茉莉

座る席
今日はどちらに
しましょうか
海を見る方
山が笑む方

[筆名]J

いかなごは
いかにいずくか
行ったのか
仲間を連れて
また春伝えて

[筆名]鮊子

何もない
田舎だけれど
自慢する
水道代と
塩の街だと

[筆名]佐竹草流

何気なく
足を延ばした
神戸には
日本の異国が
確かにあった

[筆名]ぱせり

はじめまして、
私の出身
なんで分かったん?
集合場所の
駅の山側

G

[筆名]ちゃけまる

乗ってくる
お客の笑顔で
勝ちを知る
六甲おろしの
阪神電車

[筆名]太郎からす

コウノトリが
日課の祖父は
酒好きで
来世は灘に
巣を作るかな

[筆名]しのみー

君聴きし
いつかの波音
いずこかと
一人で探す
須磨の海岸

[筆名]谷川 香

阪神の
悲願叶えし
アレのアレ
朝焼けもまた
五国に映える

[筆名]野田悦治

鉄チェーン
巻いて疾走
神姫バス
限界集落
唯一の足

[筆名]ムロのシミズ

380
おはようさんと
ミルク・オーレ
ここから始まる
長田の朝

[筆名]まだらねこ

阪急の
電車の窓から
見下ろせば
通学の道
私の青春

[筆名]山田恵子

温泉で
初めて語る
腹の内
カニがぎっしり
夢がびっしり

E

[筆名]桜小町

播但道
生野を越えると
雨か雲
帰ってきたなと
思う瞬間

[筆名]但馬貴公子

朝来る
陽光受けて
キラキラの
雲海のぞむ
天空の城

[筆名]にゃん

カマンベール
経由楽園
墓地前の
9時到着の
バスに乗ったよ

B

[筆名]しのみー

さらさらと
花びらの散る
花のみち
大劇場へ
花のトンネル

[筆名]大槻税悦

砂に染む
汗と涙の
甲子園
砂も震えた
若さの鼓動よ

[筆名]パサパサパサラン


これから息子を
よろしくと
祈りに祈った
弥生ははるかに

[筆名]まほろば (松井理恵)

え!出身同じやんか、
地元どこ?西脇?
あそこか、おへそのとこ!

[筆名]AnonA

ここはどこ
足を踏み入れ
違う世界
桜舞うここは
北野異人館

[筆名]植木 凜

多聞寺の
追儺の鬼よ
餅を撒く
力んでみても
なでかおかしき

[筆名]橋原みちこ

都会へと
憧れ出たが
兵庫五国を
グルっと回っていただけ

D

[筆名]いちばさとえ

マルテンに
ヒガシマルあり
矢木も来て
醤油論争
止むことはなし

[筆名]めぐみんぬ

ありがたく
今日もいただく
黒枝豆
ちぎってはゆで
ちぎってはゆで

[筆名]丹波パグ太郎

千種川(チクサガワ)、
市川、加古川、
揖保川の
河口であふあふ
瀬戸の小魚

[筆名]寺島すみえ

蟹食べようと
誘ってくれた君
まさかと期待も
君は蟹を想ふ

[筆名]へそふじこ

でぇしょん?
挨拶交わす
気軽さが
播州赤穂
塩(えん)と縁のまち

[筆名]さくら

引き出物
もらった包丁
ふるさとは
ここだったのか
三木の金物

[筆名]あおっきー

渡り来る
アサギマダラに
問ひ掛ける
兵庫は如何に
次は何方へ

[筆名]愛 植夫

軽やかに
モンベル背負って
日帰りで
さくらやまなみ
バスに乗り込む

[筆名]東雲花巻

この街は
停まらないかと
思ってた
「直通特急」
入社式の朝

[筆名]川島亜由美

デパ地下で
洋楽の音(ね)に
醸(かも)されて
われを踊らす
ピロシキの美味

[筆名]みえ

たわわなる
枝つき
枝豆に
かける手間ひま
厭わぬ旨さ

[筆名]のりひめ

かに漁の
無事とお陰に
感謝して
岸で手伝う
家族の笑顔

[筆名]松葉かに子

ゾウガメに
エサやり体験
してみたい
それと知ってる?
アトアの階段

[筆名]うさちゃん

令和の代に
生まれし子と
どんぐりをひろう
いなみ野万葉の森

[筆名]朝来水香子

その昔
大阪行きの
新快速
車内販売
弁当売ってた

[筆名]須磨の海キラキラ

小籠包
テイクアウトの
南京町
メリケンパークで
舌鼓打つ

[筆名]江戸川散歩

布引の
名前が似合う
乗り物で
ゆっくり空を
横切っていく

[筆名]岡田奈紀佐

起きてたら
眺めていたい
車窓から
阪急山の手
ライナーウミソラ

F

[筆名]パン大好き

住んでたよ
聞かされ回る
生野銀山
同じ時空へ

[筆名]ともんが

湊川
とおり賑わう
店めぐり
三百万で
ひき肉を買う

[筆名]みえ

コウノトリが
日課の祖父は
のんべえで
来世は灘に
巣を作るかな

[筆名]しのみー

六甲の
けっこうキツイ
登頂後
ほっこり有馬
めっぽう楽し

[筆名]ワタナベゆうこ

常識が
覆された
円山川
川は南に
流れるものと

[筆名]あおっきー

篠山の
大栗みたいに
渋抜けて
旨いぞ
退職後の主人は

[筆名]てるてる坊主

待ち合わせは
そごうと言って
言い換える
思い出のページは
そのままにして

[筆名]山田恵子

冬スキー
春は花見で
夏は海
実りの秋に
舌鼓

[筆名]ゆぅゆぅ

もうタイヤ
替えた?のあいさつ
ここちよく
こうして
冬が始まる

[筆名]伊藤 京子

新舞子
ひょっこり顔出す
マテ貝を
指でつまんで
喜ぶ子供

[筆名]はり砂

郵便に
大阪府と
書いてある
伊丹は兵庫
別にええけど

[筆名]伊丹のぼやき

春夏に
若人来たり
甲子園
青空向けて
白球飛ぶ

[筆名]跡治 理彦

東京の
友と餃子を
元町で
台風が来て
台風が去る

[筆名]涸れ井戸

峠には
あらねど君は
別れゆく
「水分れ橋」に
雨は降りたり

[筆名]松本 文雄

大阪と
思い込まれて
甲子園
TDLの
気持ちわかりみ

[筆名]丁稚一号

今はもう
世界遺産の
城堀に
犬と除きし
フクロウの住処

[筆名]寺島すみえ

スケッチに
三間四面の
鶴林寺 
聖徳太子の 
学舎の地よ

[筆名]松浦 伸

ポートタワー
お色直し後
お披露目会
乙女の如く
徐々に見せてく

[筆名]鮊子

センター街を
闊歩していた
跡形が
ほらあそこにも
残っているよ

[筆名]山田恵子

住んでても
知らない世界
広がって
幾度も巡る
異国旅行

[筆名]野内 信乃

きゅうしょくで
もうしちゃのみ
にがいなぁ
大人のあじだ
でものむぞ

[筆名]石井千佳子

雄岡山
仲良く並ぶ
雌岡山
梅花にまさる
貴女の香り

[筆名]春空

ぬばたまの
夜に誘われ
六甲山
ひとみの中に
君と灯火

[筆名]紫月暁雫

山側は
価値がわからぬ
路線かな
海岸線の
不遇なことよ

[筆名]紫月暁雫

晩酌の
肴は蒸し牡蠣
珠せいろ
故郷からの
返礼の品

[筆名]かすみそう

ママ友の
くぎ煮香ばし
火を止める
1秒前の
迷いが分かる

[筆名]げんまま

カレーパンの
中にきらきら
反射する
玉ねぎの
たしかな甘さ

[筆名]石村 まい

どじょっこの
泳ぐ田んぼに
育まれ
の空に
コウノトリ舞ふ

[筆名]にゃん

摩耶山で
懐かしき方と 
おしゃべりし 
ゆったりほっこり
こころ充電

[筆名]yamasuki702

寄せ集め
てんでバラバラ
今やほら
五つ集えば
文殊の魅力

[筆名]野内 信乃

旅先の
山城浮城
愛でれども
うつくしきかな
わが白鷺城

[筆名]たまき母

一陣の
風の川から
吹き上げて
武庫川駅に
夏の到来

[筆名]太郎からす


新快速が
やってくる
急げ駅そば
残り二口

[筆名]代々播磨人

踊ろうぜ
喜怒哀楽を
受け入れて
聴きなじみある
親友の声

B

[筆名]♫Dance’emとらのこ♫

どこまでも
自転車で行ける
気がしたよ
君と共に
西宮の道

[筆名]ひとときの

坂を見て
北を判断
お友達
峠を越えたら
迷子確定

[筆名]神戸生まれ神戸育ちのゆーくま

夏来れば
ふと途中下車
須磨ビーチ
ビキニ肴に
恋つまみ食い

F

[筆名]長谷川誠晏(セイアン)

ぼっかけも
追加しとけば
よかったな
初のそばめし
ラスト一口

[筆名]Macky

デートなら
神戸空港
行ってみた?
夜景が綺麗
夏は花火も

[筆名]パン大好き

兵庫の
秋は味覚の
玉手箱
栗に枝豆
柿に松茸

[筆名]中川 勇一郎

ひとりでは
乗ったことない
だからこそ
思い出駆ける
オノコロのソリ

[筆名]紫月暁雫

想い馳せ
あふれた涙
遠くても
そこにしあわせ
運べるように

[筆名]うさちゃん

右に駒
左に闘志
夢掲げ
「棋士のまち」の子
今ぞ羽ばたけ

F

[筆名]谷川 香

もうここに
ないと知りつつ
「ここだよ」と
誰もが口を
揃えるパイ山

[筆名]こもりあやみ

よし行くぞ
学校おわり
三宮
一回降りて
長めの寄り道

[筆名]坂道で膝しっかり

異界へと
つながる予感
漂わせ
ガリバートンネル
小粋なフォルム

[筆名]小塚一子

にも
やって来たよと
コウノトリ
三羽育てて
ゆうゆうと舞う

[筆名]奥野ヨシ

大好きな
あなたに会えるの
楽しみに
明石公園
朝散歩

[筆名]節

足跡を
踏んでふらふら
御前浜
アオサギぎろり
あなたでしたか

[筆名]はる


黒豆ふっくら
柔らかく
蛋白たっぷり
お節に添える

[筆名]生田律子

口悪い
の人の
しゃべりかた
そんなことない
実はいいひと

[筆名]だいピチ

わたくしは
七月生まれ
本日は
明石タコ足
バターで決まり

[筆名]まき のりお

長田さん
楠公さんに
生田さん
母と詣でた
春陽の正月

[筆名]山田恵子

辰鼓楼
見上げ往時を
偲んだら
太鼓の音も
聞こえるようだ

[筆名]安田蝸牛

馬の背(せ)の
せまく険しき
尾根わたり
須磨を背(そびら)に
宝塚へと

[筆名]みえ

城崎で
投石してる
石の壁
直哉の気持ち
知りたき10代

[筆名]やまやま

天然の
氷切り出し
氷室入り
六甲枝垂れ
月冴え渡る

[筆名]P&W

春花見
夏羽束川
秋は栗
冬は光の
饗宴巡り

[筆名]兵庫LOVER

はじまり館
五国を学び
知る歴史
我がご先祖は
清盛かもね

[筆名]あじゃむ丸

福原京
平家の御代の
一瞬で
三都に入れて
もろてええんかな

[筆名]夏井えつ

黄金に
輝く干潟
新舞子
潮風浴びて
レンズを向ける

[筆名]はり砂

旅先で
各地のお城を
見て思う
白鷺城に
優るものなし

[筆名]城巡り

秋深き
隣も野球
観る人で
歓声上がる
阪神優勝

[筆名]代々播磨人

駅そばは
駅で食わんと
あかんねん
帰宅遅れる
LINEが届く


[筆名]めぐみんぬ

昼夜して
煙たなびく
陶の郷
陶工(とうく)の技を
つないで磨く

[筆名]茶筅頭

笑顔だけど
なにしよんどいや
ただ怖い
魚町の親戚
人はいいけど

[筆名]ムロのシミズ

ふるさとが好き、
機窓から見る
イオンモール伊丹の
ぬくい明るさ

[筆名]星野珠青

海と山
たまに待ち合わせをしてる
トアロードから
流れるポルカ

[筆名]涸れ井戸

妻鹿漁港
『釣れてますかと』
声を聞き
かえり見すれば
30年ぶりの同級生

[筆名]ふぁいん

旅終る
ビルが増えてく
窓の外
ひきとめないで
二重虹

[筆名]城崎は木の先

タクシーで
次を北へと
言っとうのは
まぎれも無いな
神戸の血やな

[筆名]のんちゃんばあば

尼ぶらり
えびす神社で
笑けくる
七福神の
コミック色紙(シキシ)

[筆名]寺島すみえ

地下街が
あると知らずに
歩いてた
ごめんさんちか
残酷だった

[筆名]二枝紗莉惟


北へ
読めぬ宍粟
猪鹿熊の
山里ありて

[筆名]谷口 進

亡き父と
歩いた宍粟の
森林(もり)の中
四季折々の
風とせせらぎ

[筆名]みほまる

蔵開き
巡って心を
通わせる
ふるさとが
酒どころなんて最高やん

[筆名]呑兵衛のななやん

老いゆきて
墓参はるけき
路の
氷ノ山麓
しぐれているらし

[筆名]伊藤由紀子

摂丹を
行きつ戻りつ
有馬越え
虎バッグ背に
野球聞きつつ

[筆名]駄目虎

あなたこそ
甲山だったのに
いつだって
こんな見てくれてたのに

G

[筆名]西山未真

若き母
バイトに通った
アーケード
今は私が
鉄人見上げて

[筆名]有職太郎

どこまでも
登って下って
また登る
まるで人生
アルプス

[筆名]yamasuki702

公園より
眺望すれば
須磨の海
タンカー一隻
二ミリの動き

[筆名]生田律子

春の日に
別れを告げる
空港に
着かないでくれ
ポートライナー

[筆名]桜すず

なにしとん
ばり久しぶり
神戸弁
同窓会で
笑顔に添えて

[筆名]坂道で膝しっかり

摩耶山に
蝉鳴きどよみ
いらだ々し
稿ならずして
日は傾けり

F

[筆名]河上輝久

白く濃く
霧おり来たる
野に
心のうちを
そっと隠しに

[筆名]ゆかごん

東経135度
通過するたび
日本の標準時で
愛をさけぶ

[筆名]播磨 惺窩

登校時
脇目もふらず
駆け抜けて
いつも変わらず
ある

[筆名]チャリ通

海側と
山側だけで
生きてきた
18年だ
私の神戸

[筆名]Ryo

異次元の
黒枝豆の
美味しさは
もっちりとして
風味豊かに

[筆名]松田少納言

あの頃は
酒蔵巡り
興味なし
今は往きたい
灘・西宮

[筆名]パン大好き

初めての
デートは香住の
かえる島
夕日に染まる
君にみとれる

[筆名]宝塚夢子

では
見ない顔ね、
ぼく?わたし?」
「かわいい僕です」
晴れた日の午後

[筆名]しのみー

花電車
母と見た街
板宿に
今は独居の
息子を託し

[筆名]蒼井るり

通院の
帰りの
天文科学館
今夜の風は
潮が濃いのか


[筆名]まき のりお

「美作と
備前を忘れちゃおえん」と
鵺(ぬえ)の七国に
吉備はぼやく

[筆名]松嶋豊弐

いかなごを
こうなごと言う
土地に来て
それでも炊けば
ふるさとの味

[筆名]イシモチの唐揚げ

盤上の
燃えるセッション
終わり告げ
静寂戻る
秋鶴林寺

[筆名]谷川 香

MOSAICの
観覧車から
潜水艦
見えても君の
心見えない

[筆名]梶原一人

ヒメボタル
うつむく気持ちも
飛んでいく
林田川の
帰り道

[筆名]藤影フジ

年の瀬に
大鍋に浸かる
の黒豆
亡き祖父思う
故郷の味

[筆名]どっぴんしゃん

揺るがない
求心力が
そこにある
もう15分も
DINDONの前

[筆名]かのえ

武庫川に
もはや河鹿の
声はなく
月は出待ちの
乙女をぬらす

[筆名]さつき

蛸うまい
明石に来たら
玉子焼
出汁にひたせば
笑顔のあなた

[筆名]春空

月から金
自分なりに
駆け抜けた
私を癒す
神戸の夜景

[筆名]のんびりやさん

玉子焼き
仲良く座る
あげ板へ
ぽよぽよほかほか
ひだまりのよう

A

[筆名]みえ

消え失せし
怪しき猥雑
モトコーの
蟻の巣穴も
今は昔か

[筆名]太郎からす

その昔
君と眺めた
海原は
面影もなく
高層住宅人工島

[筆名]石波 香奈

魚の棚
お宮参りや
初節句
七五三でも
明石のご馳走

[筆名]あの日あの時

フカヒレも
蛙唐揚げ
タンタンも
全部神戸が
初めてでした

[筆名]鈴鹿 茉莉

城跡に
虹より高き
抛物線
伸びゆく夏の
明石球場

[筆名]佐藤博之

亡き祖父が
買ったファミリア
捨てられず
小さなケープ
眠り続ける

[筆名]鈴鹿 茉莉

雲海に
浮かぶ竹田
城跡は
夢の広がる
の宝

[筆名]竹田 城子

塩屋から
須磨のあいだに
光る海
きっと世界は
ひだまりやのに

A

[筆名]水上リトル

一夜明け
カニはいずこへ
今ふたり
おなかの中は
エビがぎっしり

E

[筆名]ワタナベゆうこ

コスモスが
朝日照らされ
美しい
寝ぼけ眼の
素顔の笑顔

[筆名]苑居祐

魚ん棚
通りにひびく
売り声に
蛸は逃げ出し
鯛は跳ねてる

[筆名]生田律子

おめでとう
言葉の代わりに
祝うのは
見渡す限りの
桜のトンネル

[筆名]王子の桜

兵庫県と大阪府
タイガースの
引っ張り合い

[筆名]優勝

歌えるで
有馬と
CM曲
宍粟も読めるし
神姫はバスやで

[筆名]兵庫県民やもん

ペーロンの
ドラと太鼓と
波飛沫
寄り添い観戦
相生の松

[筆名]ポコやん

生まれはと
訊かれて山と
海浮かぶ
神戸というは
そういうところ

[筆名]山田恵子

甲子園
球児たちの
熱い夏
離れていても
歓声止まず

[筆名]松尾優志

湯の香り
欄干凭れ
城崎に
文豪描く
生き様に触れ

[筆名]P&W

おいしすぎ
スイーツパンと
悩ましい
いくらあっても
胃袋足りぬ

[筆名]ぷーか

鬼女蘭と
藤袴にて
おもてなし
アサギマダラは
佐用を目指す

[筆名]めぐみんぬ

大粒で
もっちりとした
枝豆は
黒いダイヤと
珍重される

[筆名]桐一葉

右手にパン、
左手に菓子、
北野坂
両足がつる
気配が見えて

F

[筆名]スキタ マユ

丘の上
風見の鶏に
問いかける
海のむこうは
キラキラしてる?

[筆名]双葉あおい

皿そばが
埋め尽くされた
テーブルを
眺めて想う
家族の成長

C

[筆名]麺はすすれないが皿そばの証集め中

まちあるき
仲間とともに
タイムトラベル
九鬼の屋敷に
思いを馳せる

[筆名]あじゃむ丸

青空に
真白き姿

二人で見上げ
力みなぎる

[筆名]笑顔満開

もう傘を
何本も曲げ
神戸には
海風が吹く
山風も吹く

[筆名]平岡真由美

播州の
秋を彩る
曼珠沙華
道立つ紙手と
競う紅

[筆名]菊には蝶

県予選
甲子園にて
試合出来たは
三崎省三
在りし故


[筆名]荻野展男

蒲公英と
いふ名の城には
たんぽぽと
名付けらる姫
ありしや昔

[筆名]太郎からす

宝塚
大橋渡る
人の顔
ジェンヌでないのは
私たちだけ

[筆名]塚は点あり13画

「おめでとう!
ヴィッセル神戸」
席を立ち
歓喜のなかで
ハイタッチする

[筆名]みえ

神戸牛へと
名を変える
牛のように春には
町を出る君

[筆名]田中 佳

父がいて
母が微笑む
元町の
本屋が我が家
こころの居場所

[筆名]山田恵子

国産みの
始まりし土地
零地点
日本のへそに
立ち深呼吸

[筆名]貴田雄介

県外の
友だち来たら
楠公さん
あとは有馬と
ハーブ園

F

[筆名]坂本 照子

私には
街がふるさと
三宮の
バスターミナルに
待つ母がいる

[筆名]山田恵子

指さして
「私のお城」
吾子が言う
シロトピアだって
「私のお庭」

[筆名]まんざらでもない

錆色の
滝をゆっくり
登りゆく
加古川線の
各駅停車

[筆名]A. N.

出身地
どこか問われて
答えるが
そこはちがうねん
隣の府やねん

[筆名]伊丹空港(大阪国際空港)

桜より
近所で感じる
イカナゴの
今年も来たな
神戸の春

[筆名]のんちゃんばあば

s o r aかさい
鶉野(うずらの)の地で
特攻の文(ふみ)を読むとき
涕泗(ていし)流れる

[筆名]みえ

いつか行く
行くことだけは
決まってる
有馬兵衛の
光陽閣へ

H

[筆名]サンテレビボックス席

赤とんぼ
口ずさみつつ
寅さんの
のロケ地
夕焼け小焼け

[筆名]あかとんぼ

立冬に
百年ぶりの
小夏日や

枝豆肥える

[筆名]野田悦治

母子(もうし)茶に
ほっと一息
湖畔にて
水面(みなも)に映ゆる
有馬の富士は

[筆名]にゃん

出身地
と神戸
山の方
詳細伝えて
「それはどこ?」

[筆名]お湯

岩津ねぎ
瑞々しさと
その甘さ
天ぷらにして
小鼓一献

[筆名]横山春芳

大丸を
スタート地点に
したはずが
気づけば戻ってくる
交差点

[筆名]こもりあやみ

木枯らしの
吹く日は買わん
御座候
カイロ代わりに
抱く帰り道

[筆名]代々播磨人

神様が
描いた雲の
モザイクを
見せてあげたい
都会の君に

[筆名]山田恵子

国宝も
世界遺産も
知らなんだ
いつもお城は
そこにあったよ

[筆名]姫山泉心

会いたいな
また君想ゐ
山に咲く
馬酔木美し
有明見つめる

[筆名]コキャ

まどろみの
中で異国の
喧騒が
聞こえる夜の
阪神電車

[筆名]こもりあやみ

石垣の
隙間に見つけた
白蛇を
大人の今でも
覚えています

[筆名]ここ

きみの頬
夕陽が染める
瀬戸内の
よせる波音
愛のあかしに

[筆名]タコフェリーLOVE男

山は北
海は南と
教えられ
迷子にならずに
帰れた弟

[筆名]山田恵子

トレロンを
お供にベランダで晩酌
夜空にみなと
神戸の花火

[筆名]紫野

山の中
イガに守られ

甘味の中に
渋みを秘めて

[筆名]茶筅頭

道中は
在来線に
乗り換えて
キラキラキラキラ
嗚呼

[筆名]かすみそう


本物よりも
綺麗だな
栞に映る
白いお姿

[筆名]紫月暁雫

昔から
流行歌にも
唄われる
神戸の街の
夜の華やぎ

[筆名]破れ蓮

友人を
1度は乗せて
みたい須磨
浦山上
カーレーター

[筆名]播磨 惺窩

有岡の孤城
その地踏みしめ
今は亡き村重の魂

[筆名]右馬 帆乃夏

大地まで
酔わせてしまう
灘の酒
何が起きても
酌もうあなたと

[筆名]しのみー

足腰を
鍛えるつもりは
ないけれど
六甲の紅葉見て登る
通勤の道

[筆名]けんけんぶぶ

神戸っ子
響きにうふふと
酔う自分
産まれた跡地は
玄関口よ

[筆名]あじゃむ丸

靴のまち
慣れないヒール
履いてみた
だってあなたと
手を繋ぎたい

[筆名]うさちゃん

外湯出て
木々に灯りの
川に酔う
きみと水面が
くるくる光る

[筆名]城崎は木の先

城崎の
お湯はちょっぴり
熱いから
冬に訪れたいよ
一人で

[筆名]しんくわ

君と行く
黒枝豆の
解禁日
ニコニコマークで
手帳に記す

[筆名]池本椿

加古川に
住むあの人の
今、未来
ひだまりであれと
願う ここから

A

[筆名]谷川 香

どちらから?
神戸です。神戸
イメージと
違っていたら
ごめんあそばせ

[筆名]天乃和歌子

友情の
あかしでもらった
コンバース、
豊岡じゃ
履きづらいって

[筆名]大学一年生

はじめての街で
いつもの酒
やっぱり俺は
玉子焼き

A

[筆名]菊正宗

山ばかり
ああ山ばかり
山ばかり
山一つにも
いろいろあるけど

[筆名]宍鹿

甲子園
出たのが自慢
その実は
予選でしかも
コールド負けで

[筆名]太郎からす

宮水で
育った誇り
忘れない
神宮御神酒は
故郷の酒

[筆名]humming

北南
山か浜向く
東西
山に向かって
右左なり

[筆名]ワタナベゆうこ

須磨の浦
ロープウェイで
山頂へ
夕陽に染まる
貴女のうなじ

[筆名]春空

里山は
落ち葉の絨毯
冬支度
兵庫五国に
グルメ旅

[筆名]丹波 毅

カニ歩き
進化版なる
二足歩行を
ふたりしており
晩餐のあと

E

[筆名]石村 まい

『陸がある!』
千葉から来た友
驚いた
子どもの絵の訳
納得し

[筆名]ヒラタ エイコ

初デート
海にドライブ
目的は
イカ釣船の
イルミネーション

[筆名]但馬貴公子

播州弁
夫方が使う
その言葉
ビビってた私
今じゃ普通語

[筆名]元京女

空っぽな日
北野坂にて
パンを買う
私の世界
ひだまりになる

A

[筆名]コキャ

寒さゆえ
シベリアだとか
チベットと
呼ばれて久し
ここは三田市

[筆名]松原砂登美

島の
海の青さと
船盛りに
喧嘩の続きは
帰ってからに

[筆名]平岡真由美

五色塚の石
ひとつひとつに
心あらば
鎮魂どころか
踊る魂

[筆名]岬太朗

手を曳かれ
ええとこええとこ
新開地
夢の残滓の
眠ってまひる

[筆名]太郎からす

秘密とて
百九十八段
登り友の
初恋聞きし
男山

[筆名]寺島すみえ

涼しげな
音色に魅せられ

やっと手にした
明珍火箸

[筆名]日日 好日

町に住む
民の声音を
聞き分けて
台詞紡ぎし
近松の耳

[筆名]貴田雄介

赤じゃない
あなたを繋いだ
糸は白
コシの強いは
あなたと同じ

[筆名]素麺屋の嫁

旧居留地
デビューは大丸で買った
ジルスチュアートの
ハイヒール履いて

[筆名]紫野

春風で
郵便局の
旗なびき
祖母の家から
香るはくぎ煮

[筆名]松尾優志

銭湯の
帰りに父と
した約束
「ポートタワーに
一番乗りや」

[筆名]山田恵子

雪降りて
城崎外湯
入りけり
蟹を食べたり
幸せになる

E

[筆名]跡治 理彦

祭りには
帰ってくるかと
声揃え
冬支度まえ
播州の秋

[筆名]ちい太郎

吉川某の
せいで誰もが
知らないが
宮本武蔵の
生国

[筆名]延邨佳直

まちあるき
仲間とともに
タイムトラベル
白洲の墓に
偉大さを知る

[筆名]あじゃむ丸

始まりの
にて
きみを待つ
金の玉ねぎ
銀いろの海

[筆名]浅野 月世

岩文字に
春夏秋冬
はめこんで
橋を飾るや
舞子公園

[筆名]紫月暁雫

走るきみ、
ひと目見たくて
最前列
芝・空青々
かつてのゆり中連体

[筆名]かつてのゆり

給食で
飲んで育った
牛乳や
懐かしきかな
共進牧場

[筆名]あおっきー

旅先で
知った「かつめし」
自宅でも
作ってみるが
味違う不思議

[筆名]谷川 香

ホームにて
二杯食べてた
駅そばの
通学帰り
夕日に染まる

[筆名]姫山泉心

「山側で
待っているね」と
LINE(ライン)あり
君へといそぐ
大丸のなか

[筆名]みえ

阪急の
車内に阪神
日本一
時代は変わる
自分はどうだ

[筆名]元阪急ブレーブスファン

お菓子だけ
お目当てだった
地蔵盆
みな健やかにと
今は願いて

[筆名]ワタナベゆうこ

きょう阪神
あすJR
あさって阪急
山の顔変わる
通院も楽し

[筆名]高嶋藍

羽休め
見つむる先の

白鷺城は
けふも輝く

[筆名]蓼科川奈

どこまでも
澄み渡る空
摩耶山上
小さな悩み
すっと消えてく

[筆名]yamasuki702

久しぶり
夫とふたり
有馬の湯
自然学校
子の留守中

[筆名]あまなつこ

新旧が
顔付き合わす
高架下
今夜はどっちで
あったまる?

[筆名]呑兵衛のななちゃん

かこせん(加古川線)の
駅に向かって
猛ダッシュ
これを逃せば
遅刻確定

[筆名]1時間に1本

忘れたい
思い出ばかり
落ちている
スカイパークが
こんなに広い

[筆名]朝野陽々

さえわたる
みどりのまつ(松)に
コウノトリ
ツル(鶴)は松には
止まらぬを知る

[筆名]N子

途絶えしも
甦りたり
コウノトリ
の空に
ゆりかご抱いて

[筆名]松本 文雄

ポーアイで
別れの記憶 
なつかしむ 
私の心は
貝の殻

[筆名]大河リリ

おはようの
代わりにテレビ
つけてみる
日曜朝は
「ひようご発信!」

G

[筆名]サンテレビ

まだ慣れぬ
阪急電車の
タイガース
阪神電車の
駅の阪急

[筆名]太郎からす

古き良き
重伝建の
出石には
歩けば京の
風を感じる

[筆名]安田蝸牛

迷い子に
なりそな慣れぬ
まちに来て
右手の海を
まぼろしに見ゆ

F

[筆名]ちい太郎

ルミナリエ
光でできた
手のひらが
見上げる子らの
頭を撫でる

[筆名]蜂谷 希一

トライやる
ウィークの旗
行進す
いつかの僕に
エールを送る

[筆名]絢里 絢李

うまいかと
雷満月
チャンポンメン
鞄にぎっしり
故郷発つ朝

[筆名]かすみそう

通勤の
車内は静か
君1人
顔上げ
明石海峡を見る

[筆名]まき のりお

かきおこの
怒れるかきの
じゅうじゅうじゅう
ヘラでこそげる
日曜の午後

[筆名]彷徨う蛙

ぎゅうぎゅうの
窓に広がる
須磨の海
心ほどける
朝の3分

[筆名]あみだの女王

駅降りて
二分でビーチの
須磨海岸
ビキニで電車も
珍しからず

[筆名]太郎からす

誰といて
どこから来たか
なんてこと
灘五郷では
皆がへべれけ

[筆名]しのみー

二人では 
見下ろす夜景 
キラキラの 
帰路に一人で 
海から見上げて

[筆名]遠距離恋愛叶いますように

京のはも`
なにわのはもと
言うけれど
取れた所は
島沖

[筆名]大島敦子

御座候
おまんら食べえと
義父の声
懐かしすぎて
餡がしょっぱい


[筆名]めぐみんぬ

鹿ケ壺
の奥に
眠る滝
竜神伝説
今に伝えて

[筆名]谷口 進

神戸のへん
詐欺師にあらず
加古川、高砂
説明しても
わかってもらえぬ

[筆名]ムロのシミズ

初恋の
時のごとくに
城崎を
あなたと歩きたい
秋よ深まれ

[筆名]秋山 敦

海と山
都会も島も
揃ってる
なんでもあるの
日本の縮図

[筆名]野内 信乃

長袖の
シャツからとくと
注ぎ込め
山田錦の
田わたる風を

[筆名]ネコノカナエ

桃色の
じゅうたんに立ち
この時季が
巡り来たねと
コスモスの丘

[筆名]平岡真由美

空港へ
ポートライナー
窓のそと
並んでみおくる
ユリカモメたち

[筆名]みえ

湯が好きで
城崎有馬
はしごして
肩書脱いで
ひらがなとなる

[筆名]江戸川散歩

ふと海が
見たくて乗った
神鉄が
須磨の浜辺で
見せた本気度

[筆名]柾木 理花


四季折々の
花出会い
自分見つめる
サンセットライン

[筆名]田中恭司

五十四に
なる日に夫が
贈れしは
明石大橋
二連の真珠

[筆名]かりめろん

粕汁で
酔うただなんて
ワタシ
可愛すぎるやん
くどかんといてよ

[筆名]誰か家まで送って

熱闘に
声張り上げて
疲れ果て
窓にもたれる
甲子園帰り

[筆名]かも

広い窓から
陽が射して
未来見据えた
萌黄の空気を
吸ったみたい

[筆名]浅井優多

子の為と
通いし人博
十数回
気づけば私が
恐竜博士

[筆名]人と自然の博物館ファンクラブ会員

ああここが
あの場面だね
寅さんの
のロケ地
夕焼け小焼け

[筆名]あかとんぼ

発表が
イマイチだった
日の夜に
途中下車して
落ち葉踏む君

B

[筆名]しのみー

岩津ねぎ
暑さ寒さに
耐えおりて
今夜我が家の
なべの中なり

[筆名]戸田 智恵子

片言の
英語で夢を
語り合う
灘五郷イズ
小さな世界

[筆名]しのみー

モトコーが
建て変わっても
薄暗い
闇の記憶は
消えないままで

[筆名]こもりあやみ

初飛来
鹿児島の地に
コウノトリ
五国の足環
友の便りに

[筆名]P&W

やり直す
ことは出来るさ
西北の
時計台から
今ファンファーレ

[筆名]涸れ井戸

大橋が
通り過ぎてく
助手席で
歌手の名前を
君にたずねる


[筆名]まき のりお

下町の
路地の迷路で
かくれんぼ
楠公さんと
昔の話

[筆名]山田恵子

照りつける
暑さの中に
群れて立つ
いちめんレモン
色の向日葵

[筆名]平岡真由美

旧線を
歩き眼下の
渓流に
あの日の汽車の
窓をふと

[筆名]太郎からす

いにしえの
豊いなみ野に
青々と
小麦の穂立つ
プリウス走る

[筆名]みみかき

気を付けて
新幹線は
新神戸
在来線は
神戸駅だよ

[筆名]パン大好き

ぬくまる手
旦那にのばす
有馬温泉
帰り外気の
冷たさ途方に暮れ

[筆名]どっぴんしゃん

千姫の
祈り伝える

平和のライト
今宵も灯る

[筆名]播磨のお多福

須磨の浦
チャイを待つ間の
窓辺には
影絵みたいに
海鳥と空

[筆名]小塚一子

異動の日
ライトアップの

散りゆく桜
見つめる二人

[筆名]宝塚夢子

温泉に
つかるわたしも
心の中
あなたと浸かる
湯にてほっこり

E

[筆名]しげ3

甲子園
みんなの夢が
つまってる
涙の数だけ
ドラマにあふれ

[筆名]ぷーか

雪のよな
真白な塩で
身を清め
浪士討ち入る
陣太鼓鳴る

[筆名]にゃん

潮干狩り
互いに塗り合う
日焼け止め
照り返す波
新舞子浜

[筆名]藤影フジ

乗り換えの
三宮駅
忙しい
大判焼に
甘い豚まん

[筆名]パン大好き

日本海
明石海峡
鳴門まで
それぞれの海
それぞれの恋

[筆名]あおっきー

ペダルこぐ
視野の半分
海の道
ぐるり一周
オノコロの島

[筆名]にゃん

夜明け前
コーナー攻める
福男
熱い戦い
見守る戎

[筆名]丁稚一号

神戸市と
いへどもそこは
神戸にあらじ
北区西区の
いとかなし

[筆名]太郎からす

砂時計
明石の友と
玉子焼き
積もる話も
あと少しだけ

A

[筆名]パン大好き

教へてよ
きれいなあなたの
眼のなかの
神戸市北区
有野中町

[筆名]有村桔梗

友はもう
母の顔つき
昆陽池に
日本列島
ぽわんと浮かぶ

[筆名]星野珠青

どこ生まれ?
兵庫生まれと
答えれず
少しサバ読み
言う大阪府

[筆名]暇神メラノリス

明石より
やっぱりあなたに
似合うのは
われ関せずの
塩屋海岸

[筆名]しのみー

小野カッパ
願いましては
パチパチと
そろばん弾き
脳トレ励む

[筆名]明バア

明石城
全方向に
散らばって
鬼ごっこする
14の春

[筆名]紫月暁雫

街中で
聞かれて困る
名物は
いろいろあるが
味噌だれ餃子

[筆名]シチィーボーイ

黒豆の
美味の元なる
寒暖差
濃霧ぞ
人には厳しき

[筆名]長老

六甲は
みんなあおくて
海の色
空の色そして
揺れる樹々の葉

[筆名]平岡真由美

神戸市と
いへどもそこは
神戸にあらじ
北区西区の
かなしからずや

[筆名]太郎からす

ママ友と
コスモス畑
武庫川沿い
咲くのは花と
うふふ、お喋り

[筆名]げんまま

宮っ子は
誰もがみんな
甲子園
出場したと
自慢ができる

[筆名]元は宮っ子 今神戸っ子

二日あれば
どこでも行ける
はずなのに
ミント神戸は
買い物の場所

[筆名]二枝紗莉惟