県公式・兵庫五国連邦プロジェクト

県公式・兵庫五国連邦プロジェクト

ひょうごインスタントグラム

  • コメントする
丹波大納言
栗ぜんざい
株式会社阪本屋

いつも食べる物ではないけど、ふとした瞬間に無性に食べたくなるものの一つがぜんざいではないでしょうか。今回は兵庫県のブランド小豆、「丹波大納言」を使ったぜんざいをご紹介します。この「丹波大納言」は江戸時代に徳川幕府にも献上されたことがあるそうです。丹波地方の気候に加え、手間ひまかけて作られる特産品です。ちなみに大納言という名前の由来は、煮ても割れにくい小豆だから。「公卿である大納言は、武士とは違って殿中で抜刀しても切腹しないですむ」という歴史に例えたと言われています。

400年以上栽培されている大納言小豆は、全国でも小豆全体の1%ほどしか流通しておらず、とても稀少。和菓子などに使われています。その稀少な小豆の風味を活かすため、味わいは極めてシンプルに仕上げているそう。期待度が高まります!

袋の中から大粒の栗が“ゴロン”と2つこぼれてきました。そこへ買って来たお餅を投入! 優しい味わいの大納言小豆と絶妙にマッチします。小豆は皮が薄くて食べやすく、甘さ控えめの上品な味わい。大粒なので、しっかりと食べ応えもあります。夏には、冷やして白玉やアイスクリームを添えて食べるのも美味しそうです。ほっと一息、贅沢な気分になれるぜんざいでした。

阪本屋 >
兵庫テロワール旅 >

  

    これまでに投稿されたエピソード

コメントを投稿する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ひょうごインスタントグラム

その他の
インスタント食品

随時更新中! お楽しみに

前のページへ戻る