県公式・兵庫五国連邦プロジェクト

県公式・兵庫五国連邦プロジェクト
あなたの「ふるさとあるある」投稿求ム。 「なくなったものあるある」投稿求ム。

「方言」に関するあるある

播磨 たろからさん

北区の神鉄粟生線沿いの我が家周辺では、「ひじき」のことを「めえ(めェ?)」と呼んでいたのですが、播磨方言でしょうか?
テレビや雑誌に出てくる「ひじき」とそれが同じものとは知らず、「どんな食い物やろか?」と思ってた。
「おでん」は、「お膳」から転じたんじゃないかな。

4+
播磨 酒饅頭さん

『テーブル』や『ちゃぶ台』の事を『おでん』と呼びます。生姜醤油でおなじみの『おでん』とはアクセントが違います。

2+
但馬 兵庫人間だっちゃさん

ありこまち、むさんこに、おはようおかえり、道がじるい。いぬる、おはようさん、おおきにすんまへんなあ、なんぼ、なつべる、えらい、行っちゃた。北兵庫方言を並べた。他にもあるけども、朝来市と日本海側では言葉が違う。

5+
神戸・阪神 shin001さん

「江戸ベラボウに京ドスエ、神戸兵庫のナンゾイヤ、ついでに丹波のイモ訛り」。日本には色んな方言がある…って意味の諺。そういや父もよくナンゾイヤって言うとったなあ。今で言うならナンヤネンってとこやな。伝統ある郷土語ナンゾイヤの絶滅を防ぐべく、現代の神戸人も積極的に使わねば!

5+
播磨 りんりんさん

播磨限定の方言かどうかはわかりませんが
片付けるとこをなおすと言います
小学校の時の先生から聞いたエピソードですが
東京のお友達に
「これ、なおして」と言ったら
「どこが壊れてるの?」と言われたそうです
他の投稿に目をとおしていません
既出ならすみません

4+
播磨 ちぃさん

ここでも良く「姫路」のイントネーションが話題になっているが。
「ひ↓め→じ」になるのは、「東洋大姫路」のせいかも、と最近思う。知らんけど。

4+
神戸・阪神 たろからさん

母親が今の西区の生まれで、育った場所も北区の西区寄りだから、「雨がぴりぴり」とか「道がじゅるい」「いのく(動く)」「いぬ(帰る)」等々、播州弁は子供のころからわりと日常語だった。
なので、今の若い子が頻繁に発する「めんどい」を聞くたび、「誰がブサイクやねん!?」と反応してしまう。

5+
神戸・阪神 ちぃさん

加古川生まれ明石育ちの私。神戸で就職し、友人と談笑中、「〇〇、ホンマにはがいぃわぁ!」と言われ、何が悔しいのか、と思っていたら。
神戸では「はがゆい」=「腹立つ」らしい。いやいや、「腹立つ」は「ごうわく」やろが、と思ったけど、口にはしなかった思い出。

5+
播磨 ちぃさん

元・播磨人、今・大阪市民。幾ら子供の頃から培われた播州弁が「日本一荒い」と自負していても、だんじりと泉州弁を操る南大阪人から「自分、めっちゃ言葉汚いなぁ」と言われると、翌日会社行きとぅないくらい凹むんやで。。。なんぞいやワレ。。。

5+
神戸・阪神 ちぃさん

私の父方の祖は神戸・塩屋。皆生粋の播州弁+神戸弁?を駆使する中、ばあちゃんだけが何故か時折京言葉を使っていた。
お陰で今でも「お尻」を「おいど」と言ってしまう。ところで幼児語の「もーもー(トイレのおっきい方)」はどこの言葉なんだろう?

5+
1 2 3 8