県公式・兵庫五国連邦プロジェクト

県公式・兵庫五国連邦プロジェクト

阪急神戸駅

2021/07/20 たろからさんの投稿

エピソード

昔読んだ石川達三『蒼茫』の冒頭部に、「三ノ宮駅から山手に続く坂道」が、雨でぬかるんでいる、との描写があって「?」と思ってたのだけど、当時の「三ノ宮駅」が、今の元町駅と知って合点がいった。
確かに、今の元町駅から穴門筋を登り詰めたところに、ブラジル移民収容所」がありました。

0

他のエピソード

2021/07/16 たろからさんの投稿

1920年代の地図では、阪急神戸駅はまだありません。
国鉄「かうべ」駅の次が「さんのみや」駅だが、位置は現在の元町駅で、現「三ノ宮」駅も、まだない。
阪神電車の終点「たきみち(瀧道)」駅は、現在の国際会館のあたり?
画像が切れてるが、阪神電車は神戸市内では路面軌道だったようです。

1+
2021/06/28 たろからさんの投稿

またもや1960年代の地図で確認。
現在の阪急三宮駅は、「こうべ」駅で、隣の国鉄は「さんのみや」です。
地下の阪神電車は、今と同じく「三宮」でした。
ちなみに、高架化される以前の国鉄には、現・三ノ宮駅はなくて、現在の元町駅が「三ノ宮」だったそうです。

4+
2019/12/10 たろからさんの投稿

確か1968年まで、現在の阪急・神戸三宮駅は「神戸」駅と称していました。
国鉄三ノ宮駅の隣に、阪急の「神戸」駅があって、三ノ宮の2駅先には国鉄「神戸」駅があったけど、別段の混乱はなかった。
神戸高速に「高速神戸」ができたとき、「三宮」に改称され、今は「神戸三宮」です。

2+

「阪急神戸駅」のエピソードを投稿

  •  

※画像の取り扱いについて

メールアドレスは公開はされません 個人情報の取扱について